CLINIC

宮本歯科医院の設備紹介

 

CTEr・YAGレーザーピコクレーブX線CT検査について

CT

従来のCTと比べ放射線の被爆量が少ない、より安全な装置です

setubi10_r3_c1.jpg

従来のレントゲン写真は平面(2次元)の断面であり、大まかなことはわかりますが、正確な大きさや形、位置関係などはわかりにくいものです。
当院では、歯科用CT(歯科用3次元的画像診断装置)を採用しているため、コンピュータ上で正確に再現することができます。さまざまな角度から見ることができるため、大きさや形・位置関係などが把握しやすく、正確な診査・診断が可能になりました。

歯科用CTの撮影による緻密な診断は、最適な治療方法を導き出すことがで、治療期間の短縮にも繋がります。
また、骨の状態を正確に把握できるため、CTは今ではインプラント治療をするときには必須のレントゲンとなりました。歯科用CTは放射線量が医科用CTと比べ8分の1と少ないことも特徴の1つですので、安全な診断装置です。

CTの安全性について詳しく知りたい方は、X線CT検査について≫

 

Er・YAGレーザー(レーザー治療)

患者様にやさしい最新の治療方法(先進医療技術)、Er・YAGレーザー

setubi10_r9_c1.jpg

歯科用のレーザーのひとつ、Er・YAGレーザー。
歯科用レーザー装置は数種類ありますが、その中でも当院採用の「Er:YAGレーザー」は、厚生労働省が認可した歯を削ることのできる唯一のレーザーです。

レーザー歯科治療は、従来の治療方法に比べて痛みや不快感が少なく、
治癒が早いなど多くのメリットがあります。
水に反応して、歯ぐきの腫れや歯周病の治療、口内炎の治療など、
さまざまな事に使うことができます。

 

ピコクレーブ

いつも清潔な状態でご利用いただくために…

setubi10_r14_c1.jpgタービン・ハンドピース・切削用のバーを滅菌する専用の小型高圧蒸気滅菌器です。
患者様それぞれに滅菌したものを使用しています。

 

X線CT検査について

 

CT検査はX線を使っているの?

CTは、X線管球を身体の周りをぐるっと回転させて撮影する方法です。


歯のX線検査で、X線を浴びてもだいじょうぶ…?

歯のX線検査では、X線による生涯を心配する必要はありません。
ICRP(国際放射線防護委員会)でも、歯や胸部の撮影ではX線を錯乱する量が少ないので過剰な防護をしなくてもよいという提言がなされています。
※ただし、妊娠されている方や妊娠可能な女性、動きのあるお子さんの場合は、より安全を期するために、X線を通さない鉛製の防護エプロンをつけていただければ精神的に安心するでしょう


コンピュータを使ったX線撮影はX線の量が少ないって、本当?

コンピュータを使ったデンタルX線撮影は、フィルムを使う代わりに、X線センサーで感知したX線情報をデンタル化してコンピュータに取り込む撮影方法です。X線センサーは、非常に感度が高いので、X線の量を減らして撮影することができるのです。


放射線の単位「シーベルト」とは

シーベルトという単位は、放射線を浴びたときに全身が受ける影響を表すときに使う単位で、これを「実効線量」といいます。
歯科のX線検査では、口の周りの皮膚が部分的に放射線を浴びますが、実効線量に換算してご説明します。

*各撮影の実効線量(日本放射線技師会誌Vol.47・放医研データ一等より)

・胸部撮影1枚あたり 0.065mSv (大人の平均値)
・頭部CT検査1回あたり 0.5mSv (装置・撮影法・部位により異なる)
・デンタル写真1枚あたり 0.029mSv (装置・撮影法・部位により異なる)
・パノラマ写真1枚あたり 0.043mSv (装置・撮影法・部位により異なる)
・歯科用CT検査1回あたり 0.069mSv (装置・撮影法・部位により異なる)
・デンタル写真1枚あたり生殖腺線量 0.00003mSv (装置・撮影法・部位により異なる)
・パノラマ写真1枚あたり生殖腺線量 0.00008mSv (装置・撮影法・部位により異なる)
・デンタル写真1枚あたり水晶体線量 0.0082mSv (装置・撮影法・部位により異なる)
・パノラマ写真1枚あたり水晶体線量  0.0028mSv (装置・撮影法・部位により異なる)