MESSAGE

宮本歯科医院の診療内容

 

入れ歯ブリッジインプラント噛み合わせ矯正マウスピース

歯を失った後の治療について

ireba_r5_c1.jpg

歯を失った後の治療方法はいろいろあります。
各治療方法によりメリット・デメリットもあり、決めるのはあなた自身です。

保険では失った場所・本数などによってブリッジ、入れ歯、
保険外ではインプラント、保険外のブリッジ・入れ歯治療が可能です。

入れ歯とは≫
ブリッジとは≫
インプラントとは≫

 

入れ歯

ireba_r10_c4.jpg

あなたがお使いの入れ歯は快適ですか?

入れ歯とは、失った歯が多数の場合や、残っている歯を削りたくないときに用いる
取外し式のものをいいます。

従来の入れ歯は、「噛みしめると歯ぐきが痛い」、「金属のバネが目立つ」、
「付け心地が悪く、違和感がある」など、お悩みの方が多くおられました。
そのような悩みをできるだけ解消できるよう、
当院では超弾性義歯(ループシリコーンデンチャー)バネの無い入れ歯(バルプラスト)
をご提案しています。

 

ループシリコーンデンチャー(超弾性義歯)


ireba_r14_c1.jpg

ireba_r14_c5.jpg

従来の入れ歯はハグキに対してプラスティック(レジン)もしくは金属でしたが、
ループ・シリコーン義歯ではハグキに対してバイオシリコーン(やわらかい素材)を使用。
ループ・シリコン義歯はバイオシリコーンのクッション作用でハグキや残っている歯にピッタリと合うのでスキマが出来にくく食べカスは入りません。
また、 患者さんのお口の中の状況にもよりますがバイオシリコーンを使って金具の代わりに
入れ歯を固定して、金具が見えない入れ歯にすることもできます。

ireba_r17_c1.jpg

ireba_r17_c3.jpg

従来の入れ歯が痛かったり、合わなかったりする原因は、いくつかあると思うのですが、原因のひとつに考えられることは、素材自体がカタイことだと思います。カタイ素材は、やわらかいハグキやハグキの下の骨などに対して、決して良い影響を与えません。
その点、ループ・シリコーン義歯はハグキにあたる部分には、やわらかい素材のバイオシリコーンを使用していますので、当然ながらやわらかいハグキにピッタリとした感触が得られます。
また、ループ・シリコーン義歯は、今までの素材で入らなかったハグキの深い所まで覆うことも可能なので、患者さんのお口にピッタリ合った入れ歯を作ることが出来るのです。

ireba_r20_c1.jpg

患者さんのお手入れの仕方にもよりますが、平均で3年以上は快適にお使い頂けます。
ハグキの状態の変化により入れ歯が合わなくなればバイオシリコーンの部分だけの張替えも可能です。
また、ループ・シリコーン義歯に使用しているバイオシリコーンは整形外科等、広く医療界で使用され、国の医療用具としての承認を受けた安全な素材です。
お手入れ方法は、従来の入れ歯のお手入れと同じ様にして頂ければ良いのですが、バイオシリコーンの部分は、やわらかいブラシで
中性洗剤を使用して毎食後の清掃をおすすめします。

ループシリコーンデンチャーの特徴


①粘膜だけでなく粘膜下組織に対しても優しい素材です。
②無味無臭です。
③精度が良いことでお口にぴったりと合います。
④クッション効果により噛み締めることができます。
⑤いつまでもやわらかい素材です。
⑥残っている歯がある場合にはバイオシリコーンでその歯を守ります。
⑦入れ歯に付いている金具(クラスプ)は審美的に付けたくない場合には、バイオシリコーンがその役目を果たします。
 (シリコーンが完全に剥がれないのは、ループシリコーンデンチャーの一番の特徴です)

 

バルプラスト(バネの無い入れ歯)


ireba_r27_c1.jpg

今までの部分入れ歯には、必ず金属のバネがついていました。ところが、バルプラストの場合は、スーパーポリアミドナイロンでできた樹脂がバネの役割を果たすので、気になる金属フレームや金属バネが無く、非常に審美的に優れています。
入れ歯を気づかれないほど自然感を与え、目立たない部分入れ歯です。

ireba_r29_c1.jpg

ireba_r30_c1.jpg

バルプラストには、従来のレジン(プラスチック)ではなく、スーパーポリアミドナイロンでできた樹脂を使用することによって、従来の入れ歯では実現出来なかった薄さを実現しました。また、安全性も良く従来の入れ歯の2分の1の重さです。入れ歯の維持部と床部には同一素材を使用するため、より精度の高い入れ歯を製作することが出来ます。

ireba_r32_c1.jpg

ireba_r33_c1.jpg

バルプラストは、新しく開発されたスーパーポリアミドナイロンでできた樹脂から製作されているので、従来の入れ歯では考えられない程のしなやかさで、お口にピッタリフィット!入れ歯を付けているのを忘れてしまう程、快適な入れ歯です。

バルプラストの特徴


①無味無臭です。
②入れ歯に付いている金具(クラスプ)が付いていないので審美的に優れています。
③軽量で床の厚さが薄く、装着感に優れています。
④丈夫なので割れることもありません。
⑤アレルギー体質の方にも最適です。

 

ブリッジ

違和感や異物感がない自然な噛み心地を…

ireba_r39_c4.jpg 

歯が抜けてしまった場合に両隣りの歯を削って土台を作り、人工の歯を入れて失った部分を回復するもので、残っている歯を削ってその歯と失った歯をつないだ銀歯をかぶせる固定式のものです。
見た目が良く、違和感が少ないことが特長で、噛む力を分散させることが出来ます。
入れた後は失う前と変わらない感覚になるが歯を削らないといけません。

※できる場所に条件があります
※前歯の唇側は白くできるが奥歯は銀歯になるため目立つことがあります

インプラント

天然歯の感覚を取り戻す、「第二の永久歯」

ireba_r43_c4.jpg

あごの骨に人工の歯の根を植え込んでその上に歯のかぶせ物をするというもので、
前後の歯を傷つけず歯があったときとほぼ同じ状態になります。
機能的にも非常に安定しているので、自分の歯と同じように噛むことができます。
また、丈夫で長期間安全に機能するため、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

※骨の状態や歯がなくなった規模によっては当院ではできない場合がありますので、
詳しくはご相談ください

噛み合わせ

噛み合わせが悪いと身体を歪め、様々な症状を引き起こします

kamiawase_r4_c1.jpg

顎の位置がずれると首・背骨・腰にずれが生じてきます。
その結果、肩こりや背中の痛みなど全身に原因不明の異常が生じることがあります。
また、噛む筋肉に無理がかかるため偏頭痛の原因にもなります。

正しく噛むことを大事に考え、全体的な治療をご提案します

kamiawase_r8_c3.jpg

当院では、噛むこと・噛み合わせは食事を取るためだけではなく生活をすることにおいて重要であると捉え、噛み合わせを大事に考え全体的な治療を行っています。
正しく噛むことによって、力がはいり気力も出るのです。
当院の顎関節症の治療は、関節自体の病気がなく顎の位置を調節することによって
症状が改善されると思われる方を対象に行っております。
お身体の悩みや、噛み合わせに関する不安など、お気軽にご相談ください。

矯正

あなたの歯並び、正常ですか?

kyousei_r5_c3.jpg

歯並びは、見た目の問題だけではなく、悪いとむし歯の原因になるばかりではなく、いろいろな病気を引き起こします。
正常な歯並びに治すことで、歯の正常な機能を取り戻し、健康な身体と心をつくりませんか?

歯並びが悪くなる大きな原因ひとつは歯の生えてくる隙間がないということ。
顎の骨が小さいと隙間がなくなりやすくなります。
すべて生え変わってからの矯正は比較的短期間で終わるが隙間を作るために歯を抜くことがあります。
期間が長くなりますが、当院では生え変わりの時期から顎の成長の手助けをし隙間を作り、なるべく抜かずに歯並びをきれいにする最適な治療法をおすすめしております。

マウスピース

歯による唇・舌・頬の怪我を予防法「マウスピース」

kyousei_r12_c1.jpg

力を入れるときには人は食いしばるもので、それにより歯が磨り減りを起こします。
マウスピースは、衝撃により歯が折れる・欠ける・抜けるなどの歯の怪我や、歯による唇・舌・頬の怪我を予防することができます。

マウスピースをすることで、顎の位置が固定され、バランスよくしっかりと顎に力が入ることにより首・背骨・腰のバランスがよくなり動きがスムーズになります。
また、バランスよく顎に力が入ることにより全身の筋力の向上が期待でき、集中力UPにもつながります。
※ただし、個人差があるために実感できるかは確約はできません

当院は、「極真空手」協力医で公式マウスピースを製作しています。
その他、それぞれのスポーツ、選手にあったマウスピースを製作いたします。
是非ご相談ください。